医療事務が人気の理由

医療事務は、病院などの医療機関で経理や事務を担当する仕事です。また、月末には診療報酬請求事務業務などの重要な仕事もあります。一般的な内勤の仕事に比べてメリットが多いことから、関連の資格を取る人が増えています。それでは、医療事務には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。第一に挙げられるのは、求人数の多さです。病院数の数だけ求人があることから、仕事が見つけにくいということがありません。また、高齢化に伴って医療機関を受診する人が増えるため、今後益々需要が増加する職種であることが予想されます。佐賀のように高齢化が目覚しい地域では特に有利な職種です。その他、勤務形態が自由に選べることで家事や育児との両立に繋がるというメリットもあります。資格を持っていれば転職しやすいことから、転居先でもすぐに仕事が始められます。応募に際しては年齢制限もほとんどなく、何歳からでも働けるという強みも医療事務ならではの特徴です。

医療事務関連の資格

女性

医療事務資格の最高峰「診療報酬請求事務能力認定試験」

診療報酬請求事務能力認定試験は、医療事務資格の中でも特に難易度が高いことで知られています。毎年夏と冬に試験が実施されていますが、合格者は平均して3割程度とかなり狭き門です。診療報酬請求事務従事者の資質の向上を目指して作られた試験ということでその内容は濃く、医科向けと歯科向けの2種類にわけられます。難易度が高い分医療機関からの信頼は絶大で、この資格を持っていれば採用されやすいと言われています。受験資格は定められておらず、試験については3時間かけて学科試験と実技試験が実施されます。試験場へは診療報酬点数表とその他の資料の持ち込みが認められていますが、出題範囲が広いため十分な勉強が必要です。

抜群の人気を誇る「医療事務技能審査試験」

医療事務技能審査試験は、毎年多くの人が受験する人気の医療事務資格です。教育機関でまとめて受験されている資格ということで、国内最大規模の全国統一試験として認定されています。合格者に与えられるのは、メディカルクラークの称号です。この称号により、医療事務職に必要な能力があることが証明されます。合格率は6割程度で、出題範囲をしっかりと勉強しておけば問題ありません。試験は毎月実施されており、合格するまで何度でも受験できるのが魅力です。受験資格はなく、各都道府県内にある公共施設などで受験できます。試験内容は3つにわかれており、制限時間は50分の実技Iでは患者接遇に関する問題を記述式で答えます。学科試験で出題されるのは、医療事務知識に関する問題です。いずれも択一式で、制限時間は60分となっています。実技IIでは診療報酬請求事務と診療報酬明細書点検が出題されており、全4問を70分でこなさなくてはなりません。2つの実技試験と学科試験の全ての得点率が7割以上で合格となります。

事務のスペシャリストを目指す「医師事務作業補助技能認定試験」

医師事務作業補助技能認定試験は、医師が行う診断書作成の補助を行うスペシャリストのための資格です。合格者には、ドクターズクラークの称号が与えられることになります。診療に関する書類作成に必要な基礎知識と技能が身についていることを証明する資格なので、雇用者である医療機関からは重宝されます。合格率は6割前後で難易度は中程度です。試験は毎年6回奇数月に実施されており、各都道府県内の公共施設などで受験できます。学科試験は50分間で、出題されるのは医師事務作業補助の基礎知識です。形式は、択一式の筆記となります。実技試験は60分間で、課題として出されるのは記述形式の医療文書作成です。学科試験および実技試験のそれぞれの得点率が7割以上で合格となります。

信頼と実績のある「医療事務管理士技能認定試験」

医療事務管理士技能認定試験は、医療事務としてのスキルを証明するものです。長い歴史を持つことから、多くの医療機関から信頼されています。この試験では、患者受付けや治療費計算などの基本的な業務をはじめとして、診療報酬明細書作成やカルテ管理の能力が問われます。難易度はそこまで高くなく、歯科であれば7割の受験者が合格します。医科の場合の合格率は5割程度です。試験は毎年6回奇数月に実施されており、受験資格はありません。学科試験については法規や医学一般や保険請求事務から出題されており、実技試験では診療報酬明細書の作成能力と点検の実力がチェックされます。

初心者向けの「医療事務検定試験」

医療事務検定試験では、医療事務に関する基本的な知識と技術が審査されます。具体的には、医療保険制度や医療費算定に関する知識が問われることになります。いずれも基本的な内容なので、これまで医療事務に携わったことがない初心者向けの資格です。合格率も9割近いことから、医療事務資格の入門編として多くの人が受験しています。試験は毎月実施されており、全国各地に会場が設けられています。学科試験については正誤問題が20問と穴埋め形式の文章問題が5問出題されます。実技試験で出題されるのは、外来と入院の会計欄作成の問題です。学科と実技を合わせて2時間で受験することになります。ただし、2回目以降の再試の場合は自宅で受験することも可能です。

医療業界で働くなら医療事務の求人がおすすめ!【人気の理由とは】

事務員

求人サイトの中には、医療事務に特化したものがあります。効率的に仕事を探したいのであれば、こういった求人サイトの利用がおすすめです。医療事務に特化した求人サイトには全国各地の医療事務の求人が網羅されており、地域を絞り込めば佐賀など特定のエリアの求人だけを閲覧しやすくなるのです。また、正社員や非正規など希望の労働形態で求人を検索することができる他、給与や休日などの待遇面から自分にぴったりの求人を探し出すことも可能です。経験の有無からも求人を絞ることができるため、医療事務の初心者であっても大丈夫です。求人サイトによっては、専任のアドバイザーによるカウンセリングも実施されています。履歴書の書き方や面接の受け方など、アドバイス内容も充実しています。

ライクスタッフィング株式会社

スキルを活かした仕事を探してみよう♪介護士の派遣求人ならサイトでcheck!

株式会社ローザス

自分に合った転職先がきっと見つかる☆神奈川で看護師の転職求人を探しているならサイトをクリック!

広告募集中